スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2010年07月05日

原因不明の病気の原因がわかった!

昨日は病気で会社を泣く泣く退職することになった元同僚をサロンに招いて原因追求とヒーリングのセッションを行いました。

A氏は今年の初めから突然の体調不良により会社を休むようになり、様々な検査をしたものの原因がわからず、どうにもよくならなかったので、これ以上会社に無理を言っては申し訳ないと思い、会社を退職しなければならなくなりました。

薬止めで何とか持ちこたえているものの、飲まないと背中が痛くて大変なんだそうです。しかし薬を飲んでいると普通に見えるので、病院では会社に行くようにと勧められたりして、悲しい思いを沢山したそうです。

さて、早速オーラ画像でエネルギーを見てみると、原因の手がかりになるような箇所を見つけました。体調を聞いて内臓関係ではなく、背骨の問題なのではないかと思っていたのですが、オーラを見ると痛い場所ではなく首の付近からエネルギーの分割が出ていました。さらに首から上にエネルギーが溜まっていて、左半身のオーラに乱れが出ていました。

おそらくこの時点で背骨の筋を痛めたのではないかと話をしていました。本人にも思い当たることがあったようでした。

さらに周波数を測定すると、のどとハートの部分がかなり乱れていて、深い呼吸ができていない様子でした。本人に確認するとやはり相当体調が悪いということでした。

そこで痛みを抑えるためのヒーリングをしようと思い、一番いたい箇所に痛みを抑える周波数と色のヒーリングを行いました。しかし痛みはおさまらないといいます。

次に問題の出ているチャクラの修復を試みました。のどの施術をすると、すぐに腕がじんじんしはじめ、体がぽかぽかと暖かくなるのを感じたそうです。15分ほどでゆがみがなくなり、体が楽になったのですが、次第に痛みが出てきたといいます。

今度はオーラ画像に赤くなっていた肝臓に施術をしました。とても気持ちよくなったそうですが、やがて一番痛い部分(背中の筋)がひきつられるような感じがあったそうです。

ここで原因はおそらく背骨のどこかを傷めて、そこから血管か骨髄液かが漏れ出して、血管がつまり、肝臓に血液が溜まり、圧迫されて痛いのではないかと予想をたてました。Aさん曰く、腰も痛いときがあるということでした。

今度は背骨に対してレーザー光線を当てて、原因の箇所を探すための施術を行いました。背骨の下から上までずーっとあがっていきながら、異常な感じのする箇所を探していったのです。

一番痛い部分の横はまったく正常で、オーラ画像の乱れのあった首の部分にさしかかると、次第に異常をうったえはじめました。そしてついに原因となる箇所を見つけたのです。

首の上のあたりにレーザー光線をあてていたら、ずきんと痛みが走り(鍼がさされているような感じ)そこから右半身の一番痛い部分に線がつながっていて痛みが走るというのです。またそこから少し離れた箇所を施術すると、今度は痛かった腰が痛いといいました。結論として、背骨の首の部分の椎間板のところを圧迫しているか、何らかの圧がかかっているのだと思われました。

そこで本人も首の筋が原因であったことがわかったようでした。原因さえ分かれば、対応もわかるものです。私はとても安堵しました。

その後、問題の箇所にヒーリングを続けましたが、痛みが取れることはなかったそうです。おそらく血液が漏れているのか、内部で血液が溜まっている様子でした。良い整体師を見つけることと、それから枕で背骨のずれを修正する方法を教えてました。試してみるそうです。

☆☆☆

Aさんはありとあらゆる病院に行き、原因にたどりつかず、仕事にもいけず、とても落ち込んでいる様子でした。原因がわかったので、とても嬉しそうでした。この療法に活路を見出した思いがして、とても感動しました。


  


Posted by ようず at 20:17Comments(0)オーラの話

2010年06月23日

クンダリーニの活性化

梅雨の長雨続きで不眠気味になっていたので、自己ヒーリングをしています。
ベースチャクラへの施術をしていたら、けっこう詰まっていたようで、肛門が
ずーっとひくひくしていました(;ω;`)

ベースチャクラは頭頂チャクラとつながっているので、そこがひくひくなんて
したら、頭頂部もぶわっとエネルギーが噴出していきます。

この状態をいちばんわかりやすく例えると、子供の頃になかなかウンチが
出ないでトイレでうんうん頑張って、ようやく出し終えたあとに、肛門がぐいぐい
いって腸が顫動して、それから頭がぼーっと何にも考えられない状態に
なると思います。誰でもあるんではないでしょうか?

この頭のボワーっというのが頭のチャクラからエネルギーが放出されている
状態なんです。頭真っ白。何にも考えることができません(笑)
肛門を閉めて呼吸をしろとよく言いますが、まったくその通りだと思います。

☆☆☆

さて、電気クリスタルセラピーの周波数の中で最高のやつがあるんですが
これをベースチャクラなどにあてると、いきなりマックスにエネルギーが
チャージされるので、反応が出るときはすごいのです。

私はこの周波数を始めてあてたときは、朝から昼間でずーっと休みなく
歩き廻っていました。普段は疲れやすく横になるのが好きなのですが
エネルギーがあまってどうしていいのかわからないくらいに反応が出て
しまいました。これで男性の性欲が回復した人がいるんだそうです。
アラブの富豪で、どこに行っても駄目だったのが2~3回施術したら
すっかりよくなって、施術者は豪邸をプレゼントされかけたそうです。

この周波数をベースチャクラや尾てい骨にあてると、いわゆるクンダリーニ
の上昇を引き起こします。背骨から一本エネルギーが抜けて頭にあがり
そこから抜けるんです。

先日久しぶりに施術をしたんですが、頭の前のまゆのチャクラがぶわん
ぶわんして、目の前がすっかり明るくなりました。
おかげで疲れがすっとびました。

クンダリーニを継続してやり続けたらいつか私の頭頂部も開くんではないか
などと感じます。今のところそこまで開花する気配はありませんが、いつか
到達したいなぁと感じます。







  


Posted by ようず at 21:19Comments(0)オーラの話

2010年06月20日

光による癒し(レーザー鍼)

電気クリスタルセラピーでは音と光を用いてヒーリングを行います。
今回は光の癒しについてご紹介します。

写真はレーザー光線を用いたヒーリング装置です。


人工クリスタルから赤い色のレーザー光線が出ています。
このレーザー光線は空に向けたら飛行中の飛行機にまで届くほど
強く集中した光だそうです。

とまっている鳥に向けてみたところ、鳥は面白いようによけるのです(笑)
エネルギーをよくわかっているんだろうなぁと思います。
動物はエネルギーにはかなり敏感なのです。

光の癒しは暗い場所で行うほど効果的です。オーラが見える人は
色でエネルギーを識別しているようです。そのため人体のエネルギー
フィールドには見えない波動や電磁気エネルギーとともに色も発して
いるので光や色は適切に用いれば、ヒーリング効果を生み出します。

レーザー鍼は鍼灸のように経絡などにあてると、びりびりっという電流
が流れて経絡にエネルギーを流してゆがみを調整します。

以前椎間板がつぶれてしまって、医師に手術をしてもらえずに、痛み
止めだけで毎日痛みをこらえていた方に施術をしたところ、足先まで
しびれている神経がレーザー鍼によって刺激を受け、強烈な痛みが
走ったそうです。そこで痛みを和らげる”ルビー”を用いた器具で患部
に光のエネルギーをあてたところ、痛みがぴたっと止まり、びっくり
されていました。

自分は一切こういうものは信じないんだけど、本当にこんなもので
痛みが止まるなんて信じられない。あれほどつらかったのに何だか
希望が沸いて来たと喜んでいらっしゃいました。

レーザー鍼を施術すると痛みが出てきますが、乗り越えると楽になり
耐えられなくなったらルビーで痛みを止めるという施術を5回行ったら
立つことも息をすることもしんどかった方が、ちゃんと歩けるようになり
農作業ができるまで回復されました。田植えの時期で男手がいる状態
だったので、本当に助かりましたとおっしゃっていました。

イギリスの施術例では、右手が麻痺して動けなくなった大工さんが
何度か施術をしたら右手が動くようになり、お礼にハリー博士の自宅
の庭に日曜大工で倉庫をつくってくれたそうです。

光による癒しは可能性を秘めていると感じています。







  


Posted by ようず at 18:45Comments(0)オーラの話

2010年06月14日

チャクラと垂直パワー流について

チャクラというのは一般的に知られていますが、垂直パワー流については
あまり聞いたことがありません。

チャクラというのは膨らんだり凹んだりして、生命エネルギー(気)を運搬しています。
チャクラの中には沢山の経絡というエネルギーの線が束になって隠れています。
さらに奥にはパイプのようなものがあり、体の中心に沿って上から下まで通路があります。
これを垂直パワー流とバーバラアン・ブレナン女子は著書に紹介していました。

どこかのチャクラが詰まったり、開きすぎたりしていると、中心にあるパワー流も詰まって
います。もし全てのチャクラが正常に機能していると、背骨もまっすぐになり、自然に
姿勢が上に引っ張られたようになります。前かがみや背骨の歪曲はチャクラが閉じている
状態です。

これを分かりやすく判別するには、うつぶせになって寝てみて、呼吸と共に体のどこが
上下するか、しないかでわかります。まったく動いていない場所は気の流れが動いて
いない、閉塞している箇所です。

ヒーリングによってチャクラが振動し、気の流れが動き始めると、深呼吸が始まり
やがて大きな呼吸とともに体が上下に揺れ始めます。(寝ている状態)
こうなると、自分の体のどこが詰まっているか、敏感な人ならわかるみたいです。

先日友人に腕とのどに施術をしたら、下半身がスースーし始めて、大きな息をたてて
深呼吸を始めました、しかし気の流れが肺のところで詰まっているようで、なかなか
そこから詰まりが取れない様子でした。

しかし本人はそのときに始めて自分の生命エネルギーの流れを感覚的に感じた
ようで、ハートが閉じているのがわかったといいます。

写真は女性のハートチャクラのオーラ画像です。
中心に渦が綺麗にはっきりと見えます。
ちなみに、”犬”にもチャクラはあるようです。なんか嬉しい気がします。




  


Posted by ようず at 14:28Comments(0)オーラの話

2010年06月14日

高千穂のクリスタル

先日高千穂町に行ってきたときに、水晶が売っていました。
何でも地元の山でとれるそうなのです。

透明度があって品質をいいのをみんなで探してめいめいが買ってきました。
多少白く濁っているので、沢山おまけをしてくれました。
天の安河原の入り口にあるお店です。

水晶というのはエネルギーの変換装置で、持っているだけで人間の生命エネルギーを
本来あるべき周波数に戻してくれます。分子が同じなんだそうです。

私の師匠のハリー博士は、水晶はシャーマンだと言っていました。
ハリー博士はネイティブアメリカンのシャーマンからメディスンマンという称号を
与えられているくらいに、水晶に通じています。



ちなみに電気クリスタルセラピーは水晶の力を数倍引き出すことができますョ!




  


Posted by ようず at 14:04Comments(13)パワースポット

2010年06月14日

チャクラヒーリングについて

チャクラは人体にある、エネルギーの出入り口です。
”つぼ”という言葉をよく耳にしますが、チャクラは最大のつぼです。

例えば手の平にもチャクラ(つぼ)はあり、結構大きいものです。
手と手をかざすと、ふわぁっと暖かい空気を感じますが、これは
エネルギーの通気孔(チャクラ)が存在するからです。

電気クリスタルセラピーというのは波動療法と呼ばれるものです。
水晶のエネルギーを利用しますが、電気を流しているので
機械からやさしいじんじんとしたエネルギーが出てきます。

これは”音(波動)”を発していて、チャクラに近づけると振動を
伝えます。

この療法と他のエネルギーヒーリングとの大きな違いは
レイキやハンズオンヒーリングや気功などはエネルギーを
”流す”のに対して、波動療法は振動を与えるだけに留まります。

本来チャクラは振動していて、それぞれ別の”特定の”周波数を
もって渦が開いたり閉じたりしていますが、本来の音を与えると
ブロックやエネルギーの漏れのある部分も振動が伝わるため
本来の”振動”を取り戻します。

気を流すのではなく、勝手にチャクラが本来の機能を回復し
振動を始めるのです。これはむずむずするような感じや、波打つ感じや
スーハーという深呼吸などで反応される方が多いです。

元々持っている本来の力が蘇るので、自分の生命力を強く感じて
深いレベルで癒されるようです。

これを簡単に体験するには、手のひらに青の色の星を置くと
敏感な人は(女性が多い)、じんじんしたり、ぴりぴりしたり
振動を感じたりするようです。

このぴりぴり感覚は、経絡というエネルギーの線が電気反応を
起こして、ゆがみを修正するからです。

電気クリスタルで施術する時間は、約20~30分ですが
ゆがみを矯正する反応が終わると、クライアントさんは大抵
”もう結構です!”と言われます。

ヒーリングというのは、生命エネルギーが本来の機能を使って
調整するので、もう十分だとすると、反応がゼロになるようです。
こうなると周波数を変えない限り反応がなくなります。

チャクラヒーリングは奥が深いと思います。
人間の生命エネルギーはとても気持ちが良いものです。















  


Posted by ようず at 13:38Comments(0)オーラの話

2010年06月09日

オーラ画像 あごの炎症

あごの炎症をよく分析してみると、(オーラカメラは動画なのでもっと詳しく見ることができます)
一部濃い色をしていたので、毒素がたまっているか、炎症が悪化しているのかなと思いました。

たまたま船井幸雄先生のホームページを見ていてたら、歯の骨に歯周菌が巣くって全身に不調をきたす話がのっていました。
船井先生は手術をされて歯周病の病巣を除去されたらしいのですが、
ふとMMS(ミラクルミネラルサプリメント)のことを思い出したのです。

このサプリメントはアメリカの男性がマラリアの特効薬として開発した
ものなのですが、体中の悪い菌を一掃してくれて、良い菌は死なせない
優れもので、つくった男性はわざわざ自分もマラリアに感染し、そこから
自分の作ったものが効くのかを確かめたそうです。これを飲むと2時間位
で死にそうな人も元気になるとか。

このサプリメントの使い方として、歯周病を死滅させるという方法があり
それを試してみました。

歯間ブラシにつけて綺麗に磨くだけなのですが、歯の血管に入っていくと
そこから血流として体内にめぐり、あちこちがひりひりしてきます。
悪いところはぴりぴりして、悪くないところはどうもありません。

私の左あごの部分はたちまち真っ赤になっていきました。(下の写真)







つづく




  


Posted by ようず at 21:35Comments(0)オーラの話

2010年06月07日

オーラ画像 (腸の不調)

オーラ写真は腸に問題を抱えている男性の施術前(左)と施術後(右)を比較したものです(イギリスの事例です)

おへそのあたりが赤くなっているのは炎症があることを示しています。
太陽神経という第三チャクラの辺りが詰まっているようです。
施術後にはおなかの辺りの炎症が緩和されているのが確認できます。

  


Posted by ようず at 22:27Comments(0)オーラの話

2010年06月06日

オーラで発見!

ここ数年ずっと体調不良が続いていまして
原因がさっぱりわからなかったんです。

最初は目が痛くなり、5箇所の眼科に行きましたが
目はなんともないというので眼科はあきらめました。

なんとか眼科の先生にくい下がって聞いてみたら
神経内科にいけば検査をしてくれるというので
ネットで探して行ったのですが、誤って神経科に行ってしまい
うつの薬を処方されそうになりました。

次に神経外科に行きMRTをとってもらうと、どうもないと
いわれました。

別の神経外科に行き、CTをとってもらったらどうもないとのこと。
目が痛いというと目薬と湿布を処方されました。

次に評判のいい神経内科に行くと、偏頭痛といわれ、血管を
広げる薬を処方してもらいました。

次に耳鼻科に行ったらアレルギーと言われ、薬を処方されました。
このときレントゲンで副鼻腔に腫瘍ができているといわれました。

次に歯科に行き親知らずを抜いてもらうと、歯茎がかなり炎症を
おこしていると言われました。

かなりよくなったので、歯からきていたのかもしれないと思いました。

次に同じく歯医者でアマルガムをすべて除去してもらいました。
これはかなり良くなり、どうも金属アレルギーがあったようで、
体調がすっかり改善されました。

しかし、また体調がすこぶる悪くなり、どうにも回復の兆しが見えません。
電気クリスタルセラピーで何とか体調を維持しましたが、根本的な
改善にはなりませんでした。

自然療法に興味をもち、雪見草の青汁を耳に落とすと、炎症がおさまり
すごく良くなりました。

先日ようやくオーラを撮影するPIPという装置が届いたので、早速自分の
オーラを見てみました。

すると、自分が痛いほうの目の辺りはどうもなく、反対側のあごのところが
大きく炎症を起こしていました。写真を見てもらえばわかると思いますが、相当炎症を起こしています。

ええっ? オドロキ









ちなみにそこは全然痛くなかったので、正直びっくりしてしまいました。
これはもしかして歯からきているのか?と思い、その夜、とある処方を試してみました。

つづく




  


Posted by ようず at 09:25Comments(0)オーラの話

2010年05月31日

前世の感情が沸きあがる

私が施術をしている療法は、英国で生まれたものです。

しかし、これはインドのウパニシャッドやアーユルベーダを大学で研究して生み出さ
れたものだそうです。

アーユルベーダの中にはチャクラもクリスタル療法もありますが、これらをさらに
進化させ、西洋化させたものと言えます。

ハリー博士は英国の天才的発明家で科学者で教育者でしたが、キルリアン写真で
撮影されたファントムリーフという幻視葉を見て、物事の根本はここに答えがあると
直感で感じて、研究を始めたそうです。

人間の指には指紋がありますが、指を切ってしまうと、当然指紋もなくなりそうな
ものですが、きちんと回復します。一体なぜ指紋が回復するのか。それらの情報は
どこにあるのかを考えていたときに、オーラという目に見えないものがあり、そこ
におそらく情報が保存されていると考えたんだそうです。

私が読んだ参考本の中には、イギリスで指を切断した子供が再生した事例が沢山
あることが載っていました。子供の場合で特殊な処置を施した場合、まれに指が
再生することがあるそうです。そういう研究がロンドンで行われていたそうです。

ハリー博士はキルリアン写真の撮影研究で実績をあげますが、あるとき手を撮影
すると気の流れのようなものが写っており、これは何だ?ということになりました。

その頃イギリスのとても有名な医学教授が、知り合いの子供にオーラやチャクラが
見える子がいて、病気を治すことが可能で、それらはインドの文献に書かれている
ということをコツコツと研究されていて、ハリー博士に声がかかりました。

イギリスの医学会というのは西洋医学の主流ですから、そこに東洋医学の概念を
持ち込んだことにより、賛否両論の嵐が沸き起こったようです。しかしハリー博士
らは科学を用いて東洋医学を捉え、医学の分野で応用していくということに心血
を注ぎ、生命エネルギーの測定と、オーラを視覚化する装置を開発します。

このあたりは、バイブレーショナル・メディスンというアメリカの医師に書かれた
代替療法の本にものっています。ハリー博士はリチャードガーバー博士らと共に
共同で研究を進めたそうです。

☆☆☆

ハリー博士は世界中の数多くのヒーラーと一緒に仕事をしているそうですが、よく
インドの「ヴィヴェーカナンダ」という人物の生まれ変わりだと言われるそうです。
そして年を経るごとに似てきたそうなんです。

このヴィヴェーカナンダという人物はインドの聖者として慕われた人物ですが
東洋の哲学を西洋に普及させた人であり、彼の影響でイギリスやアメリカなどで
インドの教えを学ぶという空気ができたそうです。明治時代日本にも足を運び
岡倉天心らと親交があったそうです。

この人物の写真はハリー博士に本当にそっくりで、誰が見ても生まれ変わりだろう
と納得させられます。顔だけでなく、立ち姿、振る舞い、いでたちまでウリニです。

エドガーケイシーとデービッドウィルコックも同じようにまったく似ている生まれ
変わりのケースですが、ハリー博士とヴィヴェーカナンダも同じように似ている
姿をもった生まれ変わりと感じます。

ヴィヴェーカナンダは白黒をはっきりとつけるタイプの人物で神を自分でも体験し
たいと聖者に弟子入りして、神を体験させてもらい、悟りのようなめざめを経験
して、霊と魂と精神的な部分を西洋に伝えました。

ハリー博士はまるで前世をさらにバージョンアップさせたような人生を送っています。
イギリスで生まれ、天才教育を受け、目に見えない世界の探求を始め、やがてインド
の大学で研究を行い、インドの東洋哲学の根本的な部分を西洋化させて科学を用いて
西洋社会に広めました。東洋と西洋の架け橋となった人物です。最近は天体や惑星や
オーブや古代遺跡や、幽霊やUFOや、色んな分野に足を伸ばしており進化し続けて
人々をびっくりさせ続けています。まさに時代の先駆者です。

ハリー博士のすばらしいところは、かなり多くの反論者や足を引っ張ろうとする人や
懐疑者らのするどい攻撃を受け止め、科学の発展のために、誰にでもわかるように
説明する方法を模索し続けており、あくまでも科学的な検証を元に研究をしています。
その功績が認められて発明賞をはじめインドでは研究者としてかなり大きな賞をもら
っているそうです。

☆☆☆

さて、以前ヴィヴェーカナンダの写真を見ていたのですが、ふと目を向けた写真に
びびっと電流が走りました。そこに写っている人物は、なんと自分だったのです。
写真の写り方、表情、立ち方、しぐさが私にそっくりだったのです。

もしかしたら自分は前世でも博士の弟子だったのではないだろうかと思いました。
とても腑におちるのです。

実は今日、ハリー博士にメールをいただき、その中に、あなたは私の生徒の中で
最も優秀な人物の一人だと心に響く言葉をいただきました。

私は思い当たるのです。まさに前世ってやつです。前世の感情を持ち越していて
偉大な師匠と弟子の関係が今世でも続いているのです。

人間の魂はとても色んな側面をもっていると思います。一見日本人の姿をして宮崎弁を
だらだらとしゃべりながら、生活していますが、どこかにインドの前世を宿していて
そんな深いところの自分を発見するのです。

エドガーケイシーが話していましたが、人間は集団で目的をもって生まれ変わってくる
ということでした。私もヒーリングと目に見えない世界を探索しながら、神秘の世界に
携わっていたいなぁと思います。
  


Posted by ようず at 20:53Comments(0)魂のはなし

2010年05月31日

魂を感じたときの詳しい話

私は長年癒しというものを探求してきたのですが、先日とても大きな経験をしました。
それはエイリアンとコンタクトをとっている女性と話をしていたときに起こりました。

いきなりかい?

と一応一人でノリツッコミしますが、とりあえずスルーしてください。

この女性はチャネリングではなく、本当にエイリアンと会っている方で、中丸薫先生
というとても有名な人物の本にも紹介されています。

彼女は私に心を開くということについて教えてくれ、さらに宇宙のことについて
かなり深い話をしてくれました。

我々の魂がどこからきたのか、なぜ人間はここに生まれているのか、人間がつくられた目的は?
先日友人にその話をしたら魂にぐっと来たようで、涙を浮かべしばらく呆然としていました。

私は電話を切ったあとで、自分の胸からスースーとエネルギーあふれるように出てきて
その日はずっとそのエネルギーを感じていました。

あまりのエネルギーに圧倒され、横になって目をつぶると、自分の胸に青いボールが見えました。
これは魂の座(ソウルシート)と呼ばれているもので、ヒーリングの専門書には書かれています。
ちなにみ、そこには人間の魂の目的が入っているそうです。

そのときは、ただ自分の胸のところにある青いボールから湧き出てくるエネルギーを感じて
それらに圧倒されていました。

やがてエネルギーがマックスになると、自分の人生でこれまで同じエネルギーを感じたとき
の記憶が走馬灯のように流れていきました。

次から次に同じ思いをした瞬間が、記憶にのぼり、やがてそれらがひとつにつながりました。
その瞬間、これこそが自分の魂のエネルギーだとわかりました。

過去の記憶と、それにまつわる感情と、魂のエネルギーを感じながら、私のこれまでの人生は
ばらばらのようで実はつながっていて、全ての瞬間に意味があったのだとわかりました。

ここからはとても説明するのが難しいですが、頑張って挑戦してみます。

自分の人生はこれまで思い描いていたものではないのですが、しかし、私の魂は、自分の魂を
感じることができるように、常に人生を選択していました。

世の中に一般的に浸透している、考えや、成功や、わくわくや、夢や希望とはまったく違う
次元の話なのです。本当の魂は、そういうものを一切求めていないのです。

☆☆☆

私が自分の魂のエネルギーを感じていたときというのは、次のようなときでした。

◎つらい失恋を乗り越えて、何とか自分の人生を立て直そうとして、前に進もうと気持ちを推し進めているときの、悲しいけどポジティブで自分を心地よく感じるとき

◎苦労している人の姿と、その人達が人生に立ち向かっている姿に心を打たれたとき

◎甘えを捨てて、何かを我慢して、気持ちを切り替えるときの、自分を信じる気持ち

自分の魂を感じるときというのは、自分を好きになる瞬間や、未知なる可能性に向けて勇気を振り絞る
ときや、心底素晴らしいと思える瞬間など、誰でも感じたことのある感覚でした。

そう思える瞬間は、自分の魂を感じられる瞬間であり、きわめて深い感覚です。

人間と言うのははるか長い時間の中で、存在し続けていますが、自分の魂に何があるのか知り尽くしては
いないと思います。

魂と言うのは、とてもすばらしいものなので、果敢に挑戦していくもののように思います。

自分の魂のエネルギーを感じているときというのは、かなり深いレベルで癒される瞬間です。

言葉にして説明することはできません。言葉を超えています。

一人ひとりの中に、誰にでも、魂があって人生の中で、岐路に立っては迷い、悩み、苦しみながら
自分の魂を感じて、道しるべにして進んでいくのだと思います。

魂はあまりにも素晴らしいので、困難や試練や挑戦や応援や愛に反応するのです。

  


Posted by ようず at 00:10Comments(0)魂のはなし

2010年05月30日

最強のパワースポット

昨日はアラフォーの友人たちと、パワースポットめぐりに行ってきました。

まず向かったのは幣立神宮です。
今年は5年に一度の”世界平和の祭典”が行われる年でもあります。

張り切って出かけたので早々と到着してしまい、誰もいない境内を散策して時間を過ごしました。

八大竜神の沈まる池で水を汲み、池でカエルをいじって遊んだ後、ウォーキングロードを散策し
窯元でお茶とお菓子をご馳走になったあとで、敷地内をぐるっと廻って再び境内に戻りました。

すでに多くの参拝客が足を運んでいて、正式参拝が行われていました。
私たちも宮司さんにお願いして、ご祈祷をあげていただき、ありがたいお話を伺いました。

その後高千穂に足を運びました。

スピリチュアルブームでさぞかし人が多いのではと予想をしていましたが、思ったほどではなく
お昼を食べてその足で、秋元神社に向かいました。

高千穂に足を運ばれた方はご存知だと思いますが、町の真ん中に川が流れていて、場所により
とても大きな棚田と峡谷が広がっています。橋から見る眺めは絶景ですが下を見るとビビります。

そんな景色に見とれながら、秋元地区に向かうと、さらに深い崖の狭い道を通って、秘境と
いう名のふさわしい場所に足を踏み入れます。途中で車がきたら、アウト!と思いつつ何とか
秋元地区にたどりつきました。

そこはほのぼのとしていて、自然の景色が素晴らしく、日本の秘境中の秘境だと思いました。

「ここ日本一の田舎や~」という私に

「そんなことないが~ まったく!」と鹿児島弁でツッコんでくるアラフォーの友人たち

秋元神社はさらに上に登っていくと通りがかったおじさんが教えてくれて、さらに狭い道を
登っていくと、(道というか、人の家の敷地というか)ついに秋元神社に到着です。

あーーーとみんなで見上げて驚きました。

いきなりスイッチが入り、スキップしながら上っていく私♪

昆虫や植物を食い入るように見ている友人たち。

そして上り詰めた先には、静かなとても大事にされているであろう、真新しい神社と
境内の上にせまっている大きな崖と木々と、新緑と、日本一の神水という呼び名がふさわしい
湧き出る手洗い場の湧水の音と、静かに鳴く鳥たちの声。

マイナスイオンがあふれすぎて、窒息しそうなくらい(大げさではなく)自然の気が充満していて
いいねー いいねー ここは気持ちがいいねーと口々に呪文のように唱えていました。

境内の後ろの奥の森を写メしましたので、アップします!






ここはとても静かな、自然の気に満ち溢れた場所でした
日本人の信仰心が今も残るやさしい人々の住む里。
本当に癒されました。

すでに夕方になっていましたが、天の岩戸に行き、さらに天の安川原に参拝してきました。
岩戸神社の岩戸参拝ツアーは、大勢の人が飛び入り参加してきて、気付けば大勢の人と一緒に
宮司さんの話を聞いていました。

近年のマスコミとパワースポットブームによって脚光を浴びている場所なので、夕方にも関わらず
大勢の参拝客が、神話の世界を楽しんでいました。

高千穂の渓谷を散策しながら、天の安河原に向かいましたが、自然の気も素晴らしかったです。
山の土を少しだけ触ってみると、つんというにおいがして、とても暖かいのです。
心が和みました~





夕日をバックに棚田が赤く染まり、さわさわと静かにささやく木々の風を感じて、よかったね~
と言いながら、修学旅行気分の旅を家路に急ぎました。

☆☆☆

天の安河原で、東国原知事が、神の声を聞いたという話が江原さんとの対談で語られていました。

そのことを思い出して、安河原で神様に心の中でつぶやきました。

「神様、東国原知事にメッセージを伝えてくださり、ありがとうございました。おかげさまで
宮崎県は本当に変わることができ、県民の心が結ばれました。今は口蹄疫でとても大変です。
みんな心を痛めていますが、何とか乗り越えて行ければいいと祈っています。どうか私たち県民を
見守りください。」

その瞬間心の中が暖かくなりました。

私は神様が何か力を与えてくれたような気がしてなりませんでした。

これだけ人が訪れて、神様の声を聞きたがっているのだから、きっと人を助けて応援したいと
思っている見えない神様のような存在が見守っているに違いないと思いつつ後にしました。

みんながそれぞれ何も口にしなくても、思いを胸に抱えて、あの場所を訪れています。

自然の力と、神秘の力が人の心に作用して、それぞれの胸に魂との対話を設けることができるので
この場所は素晴らしい場所として古来より保たれているんだろうなぁと思いました。
  


Posted by ようず at 23:12Comments(0)パワースポット

2010年05月30日

えびの市にヒーリングサロンを開設しました!

始めまして!

えびの市に”ヒーリングサロン・ブルースター”を開設しました。
ようずと申します。

英国式波動療法を中心に施術を行います。

この療法は日本で始めて行うものですが、英国では30年以上に渡って行われており
BBCやディスカバリーチャンネルなどでも取り上げられたことのあるものです。

波動療法は世界中に沢山ありますが、この療法は”クリスタル”を用いてヒーリング
エネルギーを発生させますので、通常の波動療法よりもヒーリングの光線が強く発生
するそうです。

クリスタル自体がヒーリングの力をもっていますが、さらに強力な電磁波をあてて水晶
を刺激しますので、クリスタルヒーリングをさらに拡大させたものといえます。

電磁波はニコラテスラという天才科学者が発明したコイル装置を使って生み出しているそうです。

チャクラというものの存在を知らない方たちでも、施術を受けていただいた多くの方たちから
”尾てい骨がむずむずする”、”背中から空気がスースー入ってくる”、
”のどのところの気のつまりが出てくるのがわかる”などというコメントを数多くいただいています。

ヒーリングに興味のある方や、体調不良で元気がない方、痛みの緩和や、どこに行っても良くなら
なかいと感じられる方などで一度試してみたい方がいらっしゃいましたら、ぜひお越しください。

※現在は週末を中心に施術を行っています。

youzi@wing.ocn.ne.jp

または

0984-27-3398

までご連絡ください。

  


Posted by ようず at 21:44Comments(0)つぶやき